abrAsus(アブラサス) 君に決めた!

これまで、グッチやカミーユ・フォルネなど、有名ブランドの財布を使ってきましたが、スマホ、カード主体となってきて、
財布は、機能性を保ったまま、どれだけ薄く、小さくスタイリッシュかが大切だと考えるようになりました。

そもそも、パンパンに膨れた財布ってカッコ悪いですよね。
その膨れた中身、本当に全部必要ですか?

ポケットに入れて膨らんだ状態なんてもう最悪です。

そんなとき、abrAsusの薄い財布、小さい財布というものを知りました。

スマートさを極限まで追求したがために、使い手を選ぶ財布を。

これは、万人向けではなく、少数のこだわり派のための財布です。
それ故に、スマートでスタイリッシュな生き方をする少数の方には、手放せない財布となることでしょう。

 

薄い財布 レビュー

その名の通り、薄さを突き詰めた二つ折り革財布です。

快適さを追求したオリジナリティ溢れるこの財布は、グッドデザイン賞を受賞しています。

サイズ

一般的な二つ折り財布と大きさは同程度ですので、後ろポケットにちょうどいいサイズです。
違いは、その圧倒的な薄さ( 厚み0.7cm、収納時は厚み1.3cm程 )。
ポケットに入れた場合の膨らみは、劇的に緩和されます。

この薄さは、小さいバッグに財布を入れる方にもおすすめです!

<ポイント>

  • 薄い財布は、パンツの後ろポケットに収納するのがベスト!
  • 小さいバッグに財布入れる方にもおすすめ。

 

収納

  1. カードは、4~5枚入ります。
    本当に必須のカードだけに絞れば、十分な収納枚数です。
    普段、沢山のカードを持ち歩いている方は、これを機に纏める、断捨離する、(本末転倒かもしれませんが、カード入れも携帯する)をしてみては?
     
  2. 紙幣は、22枚程は入ります。
    それ以上になると、閉まらなくなります。
    ただ、これは最大枚数で、そもそも入れすぎは財布は膨らんでしまい、カッコよさが半減しますので、入れすぎには注意しましょう。10枚以下に抑えるのがよいです。
     
  3. 硬貨は、15枚(999円分)の収納量です。
    必要最低限の15枚。500円×1枚、100円×4枚、50円×1枚、10円×4枚、5円×1枚、1円×4枚 = 999円(15枚)がピッタリ収まる設計とのことですが、詰めれば20枚程は入ります
    すがすがしい程に割り切った設計ですが、逆にどれだけ入っているかが見やすく、出しやすいというメリットもあります。
     
  4. 隠しポケットが付いています。
    言われないと気付かない、隠しポケットがあります。
    そもそも出し入れがしにくいため、鍵を入れるのも、う~ん、、正直、何に使っていいのかわからない収納です。
    おまけ と考えるのがよいです。

 <ポイント>

  • 硬貨収納は最小限。割り切りが必要。
  • 一般的な財布と比べると収納量が少ないため、クレジットカード、電子マネーの活用がマスト!

 

カラー、材質

傷が付きにくいエンボス加工の「for Men、for Ladies(左利き用もあります)」、上品な「classic」、高級感のある「ブッテーロレザー」、デザイン性の高い「giacomo・Valentini」や「笹原 右京」、かわいい「ダンボー ver」など、8種類のモデルがあります。

各々のカラーも豊富ですので、きっとお好みが見つかることと思います。

もし、バッグに入れる使い方をするなら、傷がつきにくい「エンボス加工」がおすすめです。

メリット

薄い

なんといっても、薄いが最大のメリットです。

財布を開かずに、カードが取り出せる

かなり便利です。
クレジットカード決済を多く利用する方は、より実感できると思います。

デメリット

硬貨収納の貧弱さ

硬貨を少なく保つために、支払い方を考えることが必要です。

例えば、請求が107円の場合に、112円を出すような。
これは小学校算数ですから、さほど苦労しないと思いますが、天敵は電子マネーが使えない自販機です。

自販機のお釣りのストック具合によっては、1000円札で120円のジュースを買った際に、最悪、100円玉 × 8枚、10円玉 × 8枚 の計16枚が帰ってくることがあるのです。

これだけで、硬貨収納はパンパンな状態になり、絶望します。

感想

これまでの財布に比べて格段に薄く、ポケットに入れた際に邪魔になりません。

硬貨入れの小ささを心配していましたが、実際に使ってみると杞憂でした。
入っている枚数が見やすく払いやすいため、硬貨入れに入らなくなる事態はこれまでおこっていません。

エンボス加工のfor Men ネイビー色を購入しましたが、バッグに入れても傷が付かず、使いやすいです。
深みのあるイイ色で、お気に入りです。

小さい財布 レビュー

その名の通り、小ささを突き詰めた極小財布です。
薄さでは「薄い財布」に劣りますが、ほぼカードサイズの小ささは携帯性が抜群です。

薄い財布と同様、グッドデザイン賞を受賞しています。

サイズ

カードとほぼ同サイズ(縦6cm×横9cm)ですので、前ポケットにちょうどいい大きさです。

前ポケットは一般的に小さく、二つ折り財布を入れるには不向きです。
無理やり入れると、財布もパンツも形が崩れてイマイチな印象になりますが、この小さい財布ならば、その問題が解消できます。

この小ささは、小さいバッグに財布を入れる方にもおすすめです!

<ポイント>

  • 小さい財布は、パンツの前ポケットに収納するのがベスト!
  • 小さいバッグに財布入れる方にもおすすめ。

 

収納

  1. カードは、4~5枚入ります。
    本当に必須のカードだけに絞れば、十分な収納枚数です。
    普段、沢山のカードを持ち歩いている方は、これを機に纏める、断捨離する、(本末転倒かもしれませんが、カード入れも携帯する)をしてみては?
     
  2. 紙幣は、15枚程は入ります。
    それ以上になると、閉まらなくなります。
    ただ、これは最大枚数で、そもそも入れすぎは財布は膨らんでしまい、カッコよさが半減しますので、入れすぎには注意しましょう。10枚以下に抑えるのがよいです。
     
  3. 硬貨は、十分な収納量があります。
    一般的な財布と比べれば、収納は小さめですが段の生活で困ることがないくらいの収納量があります。枚数で言うと、30枚は入ります。
    毎回お釣りを気にせず紙幣だけを出すような、スマートさに欠ける買い方をしない限りは問題ありません。
     
  4. 鍵が付けられるハトメが付いています。
    普通の鍵一つ位なら、かさばらず、財布の中に収納できます。
    ただ、財布に傷をつけてしまう恐れがあるため、鍵をつけたい方は、傷が付きにくい材質(エンボス加工)のモデルを選ぶのがよいかもです。
    多少でも傷が気になる方は、鍵を付けることは諦めましょう。

<ポイント>

  • 薄い財布に比べて、硬貨収納は広く使いやすい!
  • 一般的な財布と比べると収納量が少ないため、クレジットカード、電子マネーの活用がマスト!

 

カラー、材質

傷が付きにくいエンボス加工の「for Men、for Ladies(左利き用もあります)」、高級感のある「ブッテーロレザー」、デザイン性の高い「giacomo・Valentini」や「SHO KURASHINA」、かわいい「ダンボー ver」、女性らしい「Sugar Plus」など、8種類のモデルがあります。

各々のカラーも豊富ですので、きっとお好みが見つかることと思います。

もし、バッグに入れる使い方をするなら、傷がつきにくい「エンボス加工」がおすすめです。

メリット

小さい

なんといっても、小ささが最大のメリットです。

財布を開かずに、カードが取り出せる

かなり便利です。
クレジットカード決済を多く利用する方は、より実感できると思います。

デメリット

紙幣が曲がる

紙幣にコの字型に跡が付きます

レジでお金を払う時は、店員さんが大変だなと思う程度ですが(店員さん、いつもすみません)、自販機に入れるとき、この跡があることで、かなり入れにくいです。

一度、長軸を半分に折ってから入れれば、うまく入るのですが、このひと手間が面倒です。

感想

「オロビアンコ」代表デザイナー兼CEOのジャコモ・ヴァレンティーニ氏監修モデルのベージュ色を購入し、既に1年以上使っていますが、率直にいって一片の悔いなしです。

もともと、かっこいい色合いの財布でしたが、使い込むことでより味がでて良い雰囲気に。
使い勝手も申し分なく、もし寿命を迎えたとしても、次もこの財布にしてしまうと思います。

abrAsus薄い財布、小さい財布 使い方のポイント

汎用性が低い、特化型チューンの財布ですから、使い方にもポイントがあります。
このような使い方ができる人にとって、最高の相棒になることでしょう。

クレジットカード、電子マネーを活用する

abrAsusの薄い財布、小さい財布は、紙幣、硬貨、カードの全ての収納が小さめです。
クレジットカード、電子マネーの活用が前提と言ってよいでしょう。

カードの枚数は固定する

革は状態に合うよう、次第に変形していきます。
始めに決めた枚数を途中で変えると、カードが落ちてしまう危険性があります。
気を付けましょう。

硬貨が落ちないよう財布を開く

薄い財布も小さい財布も、下手な角度で財布を開くと硬貨がこぼれ落ちます。
硬貨の口が上になる向きで開いてください。

気を付けるのは初めだけで、すぐ慣れて無意識でできるようになります。

現金を使う場合は、お釣りを考えて払う

普通の財布に比べると、収納量は少な目です。
入れれば結構な量は入るのですが、財布が膨らんでしまいますので、お釣りの量が少なくなるよう、お金を払うとよいです。

定期的に手入れを行う

これはアブラサスの財布に限ったことではないですが、革製品は定期的に手入れをすることで、長く使うことができます。
また、年月を経ることで、味のある色合いに変わっていくという面白さもあります。

abrAsusが向かない人

これらの条件に一つでも当てはまる人には、abrAsusの薄い財布・小さい財布はおすすめできません
不満ばかりが溜まってしまい、使うのをやめてしまう可能性が高いです。

  • 財布に薄さ、小ささを求めていない人
    このページをご覧になっている方は、当てはまらないと思いますが。。
     
  • 現金主義の人
    薄く、小さくするために、現金の収納スペースは一般的な財布に比べ、格段に小さいです。
    カード払いをしない方、現金払いが中心の方は、絶対に向きません。
    現金をたくさん持ち歩きたい方もNGです。
     
  • ポイントカードが好きな人
    カード収納スペースは小さいです。
    たくさんのポイントカードは入りきりません。
    クレジットカードやキャッシュカード等の優先度の高いカードを入れるだけでほぼ埋まってしまうため、ポイントカードの類は殆ど収納できないと考えてよいでしょう。
     
  • デザインを重要視していない人
    デザインを気にしなければ、100円ショップでも、ナイロンや布でできたペラペラの財布や小さい財布を見つけることはできます。
     
  • 暗算/考えるのが苦手な人
    現金しか使えないシーンでは、できるだけお釣りが少なくなるよう支払っていかないと、硬貨収納がやがてオーバーフローしてしまいます。
    請求が392円の場合に、442円を出せるくらいとは言わないでも、402円が出せるくらいでないと、段々と嫌になってしまうかもしれません。

逆に、これらの条件に当てはまらない方は、abrAsusを検討する価値が十二分にあります。
私見ですが、MINIのような車を好む人は、間違いなくabrAsusに向いているでしょう。

薄い財布、小さい財布のどちらがベスト?

比較表

薄い財布と小さい財布の比較表です。
紙幣収納、硬貨収納の最大枚数は、実際に試してみた結果です。

薄い財布 小さい財布
サイズ 縦9.8cm×横9.5cm×厚0.7cm
(収納時は厚1.3cm程)
縦6cm×横9cm×厚1cm
(収納時は厚2.0cm程)
カード収納 4~5枚 4~5枚
紙幣収納 最大22枚程 最大15枚程
硬貨収納 15枚(999円分)
※最大20枚程は入る
普段の生活で困らない程度
※30枚は入る
隠しポケット 1ケ なし
ハトメ なし 1ケ(内径0.2cm)
重さ 50g 32g
モデル -for Men
-for Ladies
-classic
-ブッテーロレザー
-ダンボーver
-giacomo・Valentini
-Ukyo Sasahara
-左利き用
-for Men
-for Ladies
-ブッテーロレザー
-ダンボーver
-giacomo・Valentini
-SHO・KURASHINA
-Suger Plus
-左利き用
 参考価格  14,950~17,500円(税込)  11,850~16,800円(税込)

 

選び方のポイント

選ぶ際のポイントを挙げます。
用途、好みに応じて、自分のベストをご判断ください。

(1) 財布を入れる場所

男性の場合、財布を前ポケットに入れる派と、後ろポケットに入れる派に分かれます。

  • 前ポケットに入れる派は、小さい財布
  • 後ろポケットに入れる派は、薄い財布

が最適です。

(2) 薄さか・小ささか

求めているスマート・スタイリッシュは、薄さなのか?  小ささ
用途に合うのはどちらですか?

(3) 見た目

薄い財布は、二つ折り財布の外観。
小さい財布は、キーケースのような外観です。

気にいらない見た目の財布を長く使うことはできないでしょう。
どちらをカッコいいと感じるかも大切なポイントです。

(4) 価格

総じて、小さい財布の方がリーズナブルです。
価格差は、3,000円程とそれなりに大きいです。

どちらも気に入っていて選べないという場合に、最後の決めになるのは価格になるかもしれません。

購入できる場所

実店舗では、「南青山の直営ストア」と、「高島屋」で取扱いがあります。
デパートでの取り扱いは、しっかりしたものとの証明、ブランドとも言えますね。

ネットでは「公式サイト」、「Amazon」、「楽天」、「Yahoo!」から購入できます。

お得に購入するには?

公式サイトのみ、送料無料、かつポイントが5%程付く上、
Amazonペイメント楽天ペイが使えます( Amazon、楽天 の ID・パスワードで決済できるサービス)。

公式サイトからの購入が断然お得です。

公式サイトはこちら